総量規制 専業主婦 キャッシング

MENU

総量規制と専業主婦のキャッシング

世の中にはいろいろな規制があります。
富士山マイカー規制やアニメ規制、原子力規制など。
規制の中には賛否両論あるものもありますが、規制の意図は安全安心のためですね。

 

貸金業界にも法律によって定められた規制がありますが、その一つが総量規制です。
総量規制は貸金業法で定められているルールで、貸金業者は借り手の年収の3分の1までしか貸付ができないというものです
この総量規制は、借り過ぎで生活国陥る人が増えたためそのような問題を解決するために実施されるようになりました。

 

総量規制があるので、消費者金融などの貸金業者からは、年収の3分の1までしか借りられないのですが、総量規制には例外があって、消費者金融のおまとめローンや事業用ローンは、年収の3分の1を超える額でも借り入れができます。

 

また、総量規制には、配偶者と合わせた年収の3分の1までなら借りられるという例外もあるので、収入が全くない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができます。
ただし、契約には運転免許証などの本人確認書類の他に配偶者の同意書や住民票などの婚姻関係を証明できる書類の提出が必要になります。
また、借り入れが50万円を超える場合は配偶者の収入証明書も必要になります。

 

提出書類が多いのでちょっと面倒ですが、消費者金融で借りたいと思っている専業主婦の方なら、信頼できる中堅のレディースローンを探してみてください。

 

銀行

ただ、消費者金融は金利が高いので、本人も配偶者も審査に不安がなければ、総量規制対象外で金利も低い銀行のカードローンがおすすめです。
イオン銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、一部の地銀、信用金庫などのカードローンで専業主婦も借り入れができますよ。