MENU

専業主婦は夫に内緒にカードローンでお金を借りれるか

専業主婦の中にはお金のことを夫に相談できず、内緒でカードローンを使って借りたいという人も少なくないようです。でも、無職で収入がない専業主婦がカードローンでお金を借りることは可能なのでしょうか?

 

専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦でも借りれるカードローンは銀行や信用金庫、消費者金融などで販売しています。
ただ、消費者金融でも銀行系の大手消費者金融では、残念ながら専業主婦には貸し付けをしていません。無職の専業主婦で、カードローンを利用したい場合は、中小規模のレディースローンに申し込んでください。銀行カードローンで無職の専業主婦が借りれるのは三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」やみずほ銀行のカードローン「コンフォートプラン」やじぶん銀行のカードローンです。専業主婦に適用される限度額は30万円程度です。金利は「バンクイック」や「コンフォートプラン」なら14.0%台台で借りれます。消費者金融のレディースローンは18.0%あるいは20.0%というところが多いです。

 

専業主婦が夫に内緒でカードローンで借りることは可能か?

専業主婦が夫に内緒でカードローンで借りれるのは銀行などの金融機関に申し込んだ場合です。銀行のカードローンは無職の専業主婦でも本人確認書類だけで契約ができるので、夫に内緒でカードローンを使うことができます。一方、無職の専業主婦がカードローン使うには事情が異なります。契約には本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。専業主婦カードローン場合によっては配偶者の収入証明書も必要になります。ですから、夫に内緒で借りることはできません。夫に内緒にしたい方は銀行カードローンに申し込んでください。なお、専業主婦は無職なので、在籍確認はありませんが、本人確認ということで自宅に電話がかかってきます。もし、夫に内緒にしていて自宅に電話がかかってくるのは都合が悪いという場合には、連絡先を自分の携帯番号にしておくこともできます。ちなみに、銀行カードローンでは配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることはありませんが、中には在籍確認の電話をするという銀行もあるので、申し込み前に確認してくださいね。

専業主婦がカードローンで借りる場合に注意したいこと

一昔前なら主婦が消費者金融から借金をするというのは、気が引けましたが、現在では無職の専業主婦でも消費者金融や銀行カードローンで気軽に借り入れができるようになりました。カードローンの中には専業主婦でも申し込めるものがあるのですが、無仕込みの際にはいくつかの点に注意してください。

消費者金融からは夫に内緒で借りれない

専業主婦の方は夫に内緒でカードローンで借入れをしたいという人が多いですが、消費者金融からは夫に内緒では借りれません。というのは、消費者金融のカードローンは総量規制の対象になっているので、無職の専業主婦がお金を借りる場合には、配偶者の同意書が必要だからです。場合によっては配偶者の収入証明書も必要になります。さらに婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出も必要になります。それで、お夫に内緒で借りたい専業主婦の方は、銀行カードローンを利用してください。銀行カードローンなら専業主婦でも本人確認書類だけで契約ができます。

在籍確認と本人確認の電話について

無職の専業主婦は勤務先がないので在籍確認はありませんが、本人確認の電話が自宅か自分が連絡先として申告した電話番号に電話がかかってきます。それで、夫に内緒にしていて自宅に電話がかかってくるのは都合が悪いという場合は、自分の携帯番号を連絡先として申告してください。また、たいていの銀行カードローンでは配偶者の勤務先への在籍確認はありませんが、銀行によっては配偶者の勤務先に在籍確認をする場合もあります。念のためホームページなどで確認してから申し込んでくださいね。

返済可能な範囲で借りる

無職の専業主婦の場合、家計をやりくりして返済していくことになると思いますが、夫に内緒で借りていたとしても返済が滞ると督促が来たりして夫にわかってしまうこともあります。ですから、借入は返済可能な範囲にとどめておきましょう。もともと、無職の専業主婦に対する限度額は30万円あるいは50万円となっているので、それほど多額の借金を抱え込むことはありませんが、それでも気を付けていないとついつい借り過ぎて、家計をやりくりしても追いつかなくなってしまうこともあります。ですから、簡単に借りれるとはいえ、本当に必要な時に必要最低限だけを借りるようにしてくださいね。

専業主婦がカードローンを申し込み仕方

 

現代はネット社会なのでなんでもネットで用事を済ませられるのでとても便利ですね。

 

カードローンもネットで申し込めるところがほとんどです。

 

ネットが苦手な専業主婦なら電話や店舗窓口、郵送などの方法からカードローンを選択することもできます。
最近は女性専用ダイヤルを設置しているカードローンも多いので、初めての借入で不安という方は、まずは電話で問合わせてみてください。
女性のオペレーターが対応してくれるので、専業主婦でも話しやすいと思います。

 

パソコン

専業主婦がカードローンをネットで申し込む場合は、申し込みフォームに必要事項を入力してから送信します。

入力の時に間違った情報を入力すると審査に時間がかかったり審査に落ちてしまうことがあるので、送信前にはミスがないかしっかり確認してください。

 

申し込みフォームを送信すると数秒で仮審査の結果がわかります。

仮審査可能な時間帯は金融機関によって異なりますが、9時から21時ぐらいまでです。
この時間帯に申し込みをすれば、数秒で仮審査の結果がわかります。

 

カードローンの仮審査に通ったら、本人確認書類を送ります。

本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人の名前と現住所が確認できるものです。
専業主婦の場合は、本人確認書類の他に配偶者の同意書と住民票が必要です。
メールやファックス、専用アプリなどで送付してください。
専業主婦が利用するようなカードローンの本審査の段階で在籍確認がありますが、在籍確認は会社名は出さず、個人の名前で行われますので同僚が電話に出たとしても、キャッシングの在籍確認だとはわかりません。

 

カードローンの本審査に通ると正式な契約内容について電話かメールで連絡があります。

契約内容などに問題がなければ契約手続きをします。

 

専業主婦が指定した口座にカードローンでの金額が振り込まれます。

自動契約機がある銀行や消費者金融の場合は、ネットで申し込んだあと、自動契約機で本人確認書類の送付、契約手続きを行えば、その場カードが発行されて、すぐにATMで利用できます。

 

カードローンの申し込みは簡単で、即日借り入れも可能ですが、
簡単なために借りすぎてしまって返済に追われるというケースも少なくありません。

 

借りる前には本当に借りる必要があるお金かどうかよく考えてから借りるようにしてくださいね。

 

それから、専業主婦が申し込める銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは限られていますので、申し込み条件もよく確認してください。